■ 芸能ニュース ■ スポーツニュース ■ 社会ニュース ■ 経済ニュース








タミフルはやっぱりあぶないの?

タミフルはやっぱりあぶないの?

タミフルの輸入販売元の中外製薬からまたもなんとも怪しい寄付金が
送られていたことがが明るみにされた
班員の森島恒雄・岡山大教授(同)の講座にも同社から年間200万円程度の研究資金
が渡っていたことが、13日分かった。
同社によると、森島教授の講座に使途を制限しない「奨学寄付金」
として3年かんで600万円を支出した。
また、厚生労働省研究班の主任研究者である横浜市立大学の横田教授の講座には
計1000万円を支出した。ただ、
岡山大は受け取ったのは2年間450万円だったとしている。
中外製薬は「奨学寄付金は社として年間十数億円出しており、両教授への講座への
寄付もその一部と話している
横田教授は「タミフルの服用の有無によって異常行動などの表れ方に差はない」
との結果を公表し、厚労省がタミフル服用と異常行動の因果関係を否定
する根拠の一つになって。研究班は本年度も調査対象を増やし研究を続けている。
中外製薬は、全国で1000を超える大学講座に、計10数億円を寄付しているらしい。
ブックマークに追加する
posted by c93y at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/35945106
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。