■ 芸能ニュース ■ スポーツニュース ■ 社会ニュース ■ 経済ニュース








マンションの耐震偽装問題がまたも

マンションの耐震偽装問題がまたも

 京都市下京区の「アパヴィラホテル京都駅前」と「アパホテル京都駅堀川通」の2つのホテルで、構造計算書の偽造と耐震強度不足が見つかったと発表した。
耐震性が十分であるとする数値1に対して、アパヴィラホテル京都駅前が0.71、アパホテル京都駅堀川通が0.79といずれも強度が不足していることが分かったとして、建築主の「アパマンション」(東京都港区)に対し、2つのホテルの使用禁止を勧告し耐震改修するよう求めた。2つのホテルは新規の予約受け付けを中止した。
この問題がまた湧き上がってきた。
偽装マンションを買わされたらたまったものでわないそんなマンションに住んでいて地震などおきたらマンションは倒壊して一瞬にして財産を無くしてしまうのであるいくら地震保険火災保険には入たとしてもとても補えるものでわないから、大きな資産を販売する会社はモラルを大事にしてもらいたいと願うばかりだ。
ブックマークに追加する
posted by c93y at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/32117392

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。