■ 芸能ニュース ■ スポーツニュース ■ 社会ニュース ■ 経済ニュース








国内初の病気の感染症

国内初の病気の感染症

 厚生労働省は24日、スリランカ在住の30代日本人女性が
蚊を介してうつるチクングニヤ熱に感染し発症したと発表した。
日本でチクングニヤ熱の感染が確認されたのは初めて。
このような、感染症は病院などで発見されにくい。
チクングニヤ熱は人から人に感染しない上、感染しても死亡率
0.1%程度と低く、感染が広がる恐れはない。 
チクングニヤ熱という病気の症状は発熱関節炎発疹(はっしん)などが特徴で、
死亡率は極めて低い。蚊を介して感染し、人から人への感染はない。
 地球温暖化や経済活動のグローバル化により、これからも狭い地
域で収まっていた感染症も世界中に広まることは避けられないことなのだろう。
このような病気保険などがきくのでしょうか
ブックマークに追加する
posted by c93y at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ニュース
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。