■ 芸能ニュース ■ スポーツニュース ■ 社会ニュース ■ 経済ニュース








一獲千金の大チャンスに

一獲千金の大チャンスに

一獲千金の大チャンスに、14日、購入注文が相次いでシステムに負荷がかかったため、
システム障害を起こしたサッカーくじtoto最高6億円の当せん金が狙える
BIGで、1等当せんが12回連続して出ず、
繰越金が約15億円に膨れ上がったことが購買心をあおった。13日はソフトウエア改良の
ため終日販売を停止していたことから、今週末の試合を対象とした第278回の販売初日から
購入が集中する異例の事態となった。
今回のトラブルは購入が週末に集中したためだが、コンピューターが勝ち負けを選択する
BIGは月曜に買っていただいても、金曜に買っていただくのと条件は変わりません
負傷者や先発メンバーなどのチーム状況を見極めた上で、
試合直前の週末に購入する場合が多いtotoとは違うことを、
新聞広告などで知らせていくという
toto BIGtotoはJ1、J2の計14試合が対象で、
勝敗、引き分けはコンピューターが無作為に選択する。1口300円。全試合の結果が当たれば
1等となる。的中確率は約480万分の1。理論上、約14億3500万円の売り上げで1等が
1本当たる計算になる。1等当選金は発売金額の40%で、通常の1等金額の上限は3億円。
当選者がなく賞金が次回に繰り越される「キャリーオーバー」が発生すると、
上限は6億円まで上がる。売り上げ減少の歯止め策として、昨年9月から発売され、
1等当選は11月26日の第256回の5億8415万6640円の1度のみ。
最高6億円当せん金が狙える「BIG」で、1等当せんが12回連続して出ず、
繰越金が約15億円に膨れ上がったことが購買心をあおった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070514-00000013-yom-soci
ブックマークに追加する
posted by c93y at 00:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツニュース

なんでもかんでもパクリ

なんでもかんでもパクリ

世界から違法コピーなどで非難が集中の中国で今度はとんでもない物をコピーを平気な顔でやっている。
なんとディズニーランドというのなのだからおどろきだ。
知的財産権などという考えがないからこの様なとんでもないことができるのだろう。
中国はの保護で問題の多い国とされ、米国通商代表部も自国企業に多大な損害が出ているとしてWTO
(世界貿易機関)への提訴を決めたほどだで中国は今後、知的財産権問題に対策に力を入れると言っている
割にはこんな施設が建てられているのだからあきれる
ディズニーランドをぱくった施設名を石景山遊楽園と言うらしくお城の下の絵があり、
使っているキャラクターも、そっくりさんのオンパレードで世界的に人気のあるもののそっくりさん
ゆるキャラの巣窟にちがいないのでわないだろうか?
アトラクションはなんと「ディズニーの雰囲気を備えたジョーンズの冒険」
「ヨーロッパ調の幽霊の邸宅」などと目玉アトラクションを誇らしげに紹介しているというのだからびっくりだ。
ブックマークに追加する
posted by c93y at 00:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 経済ニュース

さすが恥知らず大臣! まるで他人事の発言

さすが恥知らず大臣! まるで他人事の発言

東京地検特捜部は24日、農林水産省所管の独立行政法人「緑資源機構」発注の林道測量
コンサルタント業務を巡る官製談合事件で、機構の森林業務担当理事の高木宗男理事(59)
林道企画課長下沖常男(56)両容疑者、5〜06年度の受注上位4法人の担当者4人
財団法人「森公弘済会」と、民間企業の「フォレステック」、「片平エンジニアリング」
の2社4法人は機構理事らと共謀、機構が平成17〜18年度に指名競争入札で発注した
林道整備の測量・調査業務について、事前に落札予定業者を決めるなど談合を繰り返したとされる。
の計6人を、独占禁止法違反(不当な取引制限)の容疑で逮捕。
また、こうした法人や企業からは、松岡利勝農水相の資金管理団体などに政治献金が行われてい
たことが判明している。返したから問題はないとは、まるでスーパーで万引きをして開き直る
万引き常習犯なみの頭の程度が疑う発言にあきれるばかりである。
松岡利勝農林水産大臣の話 「このような事態になったことは所管の立場として遺憾
の極みと強く思っている。今は告発を受けたことを重大に受け止め、事態の推移を見守りたい」
などととぼけた発言をするのだから再発防止などはありえないのだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000016-maip-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070524-00000037-san-soci
ブックマークに追加する
posted by c93y at 18:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ニュース

メタボリックシンドロームとは食生活習慣から来る

メタボリックシンドロームとは食生活習慣から来る

 メタボリックシンドロームとは厚生労働省によると食生活習慣から来る内臓脂肪型肥満形態によっていろいろな成人病糖尿病などを誘発しやすい状態なっていて、最近は治療の対象として考えられるようになった。
コレステロールによって血管の老化と言われる動脈硬化によって引き起こされる心筋梗塞脳梗塞などの生命に関わるような病気になってしまう確率を高めるといわれている。
そのため厚生労働省メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の基準に合わない人も保健指導の対象にすることで、生活習慣病の有病者や予備群を幅広く見つけようとしている。

メタボリックシンドロームとはまさに悪の枢軸といえるのでしょう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070306-00000901-reu-int
ブックマークに追加する
posted by c93y at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ニュース

タミフルはやっぱりあぶないの?

タミフルはやっぱりあぶないの?

タミフルの輸入販売元の中外製薬からまたもなんとも怪しい寄付金が
送られていたことがが明るみにされた
班員の森島恒雄・岡山大教授(同)の講座にも同社から年間200万円程度の研究資金
が渡っていたことが、13日分かった。
同社によると、森島教授の講座に使途を制限しない「奨学寄付金」
として3年かんで600万円を支出した。
また、厚生労働省研究班の主任研究者である横浜市立大学の横田教授の講座には
計1000万円を支出した。ただ、
岡山大は受け取ったのは2年間450万円だったとしている。
中外製薬は「奨学寄付金は社として年間十数億円出しており、両教授への講座への
寄付もその一部と話している
横田教授は「タミフルの服用の有無によって異常行動などの表れ方に差はない」
との結果を公表し、厚労省がタミフル服用と異常行動の因果関係を否定
する根拠の一つになって。研究班は本年度も調査対象を増やし研究を続けている。
中外製薬は、全国で1000を超える大学講座に、計10数億円を寄付しているらしい。
ブックマークに追加する
posted by c93y at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会ニュース

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。